まちろぐ

元広告屋さんがなんでも雑記ブログ初めてみた

スピルバーグ最新作「レディ・プレイヤー・ワン」が超絶面白そう

 

ちっす、まちPです

 

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」の

日本公開が2018年に決定しました

 

これがものっすごい面白そうなんだよなあ

 

公開映像には「ハーレー・クイン」やあの「金田バイク」も…?


映画『レディ・プレーヤー・ワン(原題)』コミコン予告【HD】2018年公開

 

トーリ概要

スティーブン・スピルバーグ監督が贈るSFアドベンチャー始動!

舞台は貧困の差が激しい西暦2045年。人類の歴史を変えた仮想ネットワークシステム「オアシス」に、世界へ向けてメッセージが突如発信された。この仮想世界を開発し巨万の富を得たジェームズ・ハリデーが死去、「オアシス」に隠された謎を解き明かし者に、すべての遺産を譲り渡すと――。

若きスピルバーグ監督を形作ったような日、1980年代。原作小説では、80年代当時のポップカルチャーや、今もなお世界のエンターテイメントへ影響を与える日本のアニメ・特撮ネタをふんだんに盛り込んだストーリーが描かれている。

 

もうこの時点で、正直期待大

映像を見る限り結構な“友情出演”があるようで、スーサイドスクワット「ハーレー・クイン」っぽいビジュアルのキャラクターやAKIRAの「金田バイク」など確認できました

 

もともと、ベストセラー小説である「ゲームウォーズ」(アーネスト・クライン著)が原作の映画化となるのですが

著者は日本のオタク文化が大好きのようで、原作ではガンダムエヴァンゲリオンなどの描写もあるようで、相当なギークボーイなんですかね

 

原作先に読む派?映像化まで待つ派?

 

ものすごい楽しみなんだけど、こういう書籍原作の映画化時にありがちな

先に書籍を読むか、もしくは映画を先に観てからか、という葛藤に…

 

日本公開も2018年のいつとは明記されていないものの

米国公開が2018年3月ってことは、1年以上は待たされることは無いと思うけども

 

うーん、でもやっぱり映像化まではなるべく知識入れたくない

あの事前情報全くない状態で「この先どうなるんだろう」というワクワク感を映像で味わいたいんですよね

 

否、断じて否である

 

という方は上下巻構成からなるこちらの書籍をどぞ

 

 

by カエレバ
by カエレバ

 

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED