まちろぐ

元広告屋さんがなんでも雑記ブログ初めてみた

【砂の惑星】米津玄師を今更知ってドハマリしている奴はわたしです

米津玄師って知ってますか?恥ずかしながら、最近まで知らなかったんですよ私。

いやね、今になって思えばYoutubeとかカラオケボックスとかでPVはチラチラ目に入ってはいた。

 

きっかけはすごい些細な事でした。

 

 

砂の惑星


ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」

 

作詞作曲編曲 : ハチの「砂の惑星」という曲。

Youtubeでポロっと見かけたきたときに、どこかで聞いた事ある名前だなあと思っていました。

 

「…!これマトリョシカとかパンダヒーローの人やん!」

 

と、ふと思い出した訳です。

学生時代はニコニコ動画にハマっていたので、ボーカロイド楽曲はそこそこ知ってました。

それこそ初音ミクがリリースされた時なんてがっつり高校生くらいだったわけで。

最初は「なんかホント合成って感じだなあ、何がええんやこんなの」とか思ってましたけど

「へぇ~、曲はすごい良いやつとかもあったりするんだなあ」なんて聞いてるうちにジワジワ。

 

当時、バンド活動に明け暮れていた私。ちょっと音楽には敏感だった時期でもあったため、こっそりギターで練習とかもしてました。

 

 

その後知らず知らずにその熱も冷めていき、ボーカロイド楽曲から離れるものの、ここ1~2年の間に再び戻ってくる事になる。

といっても実はdubstepやEDM系の曲にハマってしまい、中には初音ミクをサンプリングした曲とかもあって、そのせいなんですけどね。

だから正直新譜とかは興味なくて、ズンズンピコピコした曲の楽器としての初音ミクを聞いてました。

 

 

まあ、何かの縁だしちょっと覗いてみっか…

てな感じで、ポチっと動画再生。

視聴し終わって、率直な感想。何かわからないけど、物凄い違和感。

なんだろう…。気になって何回かリピートして、少しずつ見えてきた訳です。

※以下個人的な感想含む

 

 

まず、メッセージ性が非常に強い。AmとEmのシンプルなa~bメロ構成に、一見乱雑に見える歌詞は少し悲壮感で繋がっている。でも所々「イェーイ!」みたいなノリもある訳で。

映像は砂漠を淡々と初音ミクと覆面のマント集団が歩いているだけ。わざとらしいくらいに色見の無い映像の間に、カラフルなシーンが一瞬差し込まれている。

 

さて、ではここで歌詞を確認してみよう。

 

utaten.com

 

すごい。この曲すごいわ。

それまで、EDM系の曲ばっかり聞いていたからなのかはわからない。

初音ミクが楽器ではなく歌手としてきちんとメッセージを伝えようとしているような、そんな気がしてならない。

ひっさしぶりにこんな曲きいた。それくらい衝撃的な出会いだった。

 

 

個人的な解釈

さて、こちらの「砂の惑星」様々な解釈があるようで話題みたいです。

私個人としてはこんな風に思ったよ、という感想になってますので興味の無い方はサラサラ受け流してくださいな。

 

 

まず、楽曲名でもある砂の惑星

すぐにイメージしたのは「荒廃・衰退」といったネガティブなもの。映像も、朽ちた家や色あせたポスターなどが多々見受けられる。

対して、砂が吹き荒れる中進んでいく初音ミク

心なしか表情も険しく、結局最後まで笑顔は全く見せずに歩く姿に、意思の強さを感じた。決意、のようなイメージのほうが近いかもしれない。

忘れられた事への涙すら枯れ、悲しみを抑えて文字通り砂漠を歩き続けているような気がする。

 

そして、中盤。かつての初音ミクが色鮮やかに描かれているシーン。

歌詞の中に、過去のボーカロイド楽曲を表すような言葉が多々散りばめられている。

砂漠とは打って変わった景色の中、大木の前でカラフルな鍵盤を愛でる姿からも

やはり綺麗なはずなのに悲しみを感じさせる。上手い。それまでの砂漠のシーンが活きている。あとケーキが美味しそう。

 

さらにその後、初音ミクの後ろから付いてきていた集団に映像がフォーカス。

序盤から顔を仮面で隠し、楽器を担いで歩いてきていた仮面の集団は、クリエイターを表しているのではないだろうか。

そう考えると、ふと分かれ道を示す看板の前で立ち止まり、分かれていく2人組は途中で初音ミクを見切っていったクリエイターだと思えば納得できる気がする。

 

そして更に気付く。自身も初音ミクを数年間忘れていた。仮面の集団と同じだ、と。

クリエイターではないけども、確かに刺さる何かがあった。

 

曲の終盤、砂嵐の中で手を振る2人組。このシーンでもやはり決意を感じる。

去る者追わず、来るもの拒まずで進み続ける初音ミク

そして、最後に今まで映像の中で見切れていたゴミのオブジェが上空から映される。

それはまるでイチゴとロウソクが10本刺さった、誕生日ケーキに見えた。そう、初音ミクは今年で生まれて10周年だった。

 

 

 

深い、深すぎる……

 

こんなに解釈の広がりを見せながらも、そのテーマはブレないなんて…

ハチ氏…この人は何者なんだ!と、気になって調べてみたのが些細なきっかけだったという訳です。

 

 

米津玄師=ハチという衝撃の事実を今更知る

そして、冒頭に戻るという訳です。

最近よく見かける米津玄師(Yonezu Kenshi)という人の正体は彼だったとは…。

そんな訳で彼の楽曲も含め、今更ドハマリしている奴がわたしです。

 


米津玄師 MV「ピースサイン」


米津玄師 MV「orion」


ハチ MV「マトリョシカ」HACHI / MATORYOSHKA


ハチ MV「ドーナツホール」HACHI / DONUT HOLE

 

特に聞いている曲を2つずつチョイス。うん、いい曲だ。

てか、歌上手いしダンス出来るし何なんやこの人天才なんですかね。

アニメタイアップ曲とかもあるようだし、もうちょっとアンテナ張っておかないと…

 

 

まとめ

もうちょっと早くに知っていれば…と、かなり後悔してます。

でもこういう事よくあるんですよね。世間と若干ハマるタイミングが遅いんですよ私…

 

元々、そこまでたくさんの種類を聞いている人間ではありませんが

今後も要注目していきたいアーティストの1人になりました。

知らない方もしくは知っていても聞いたことないよって方は、一度是非聞いてみてくださいませ!